ネットとテレビで話題の耳より情報局

話題の情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力の防災の対策

原子力発電に代わる新しいエネルギーの研究分野において日本も研究を進めていただけに、実用と普及が始まる前に原発の事故が起きたのは不運でもあります。
また日本が地震大国であることを考慮して、多少の地震でも問題なく稼働できる耐震性を備えています。
過去に災害が頻発していて、今後も災害に襲われる可能性が高い場所に原発を建設するわけにはいかないので、防災の対策の観点で安全な立地が選ばれます。
多くの食品が汚染されて食べられなくなれば、市民にも多大な影響が及ぶため、確かにこれは防災の対策を見直さなければならない課題だと言えます。
東日本大震災は当初、その地震の規模の大きさと津波がもたらした被害が注目され、地震防災の対策の新たな局面を開きました。防災の対策の大事な一環として、原子力発電所の安全確保が命題であることは、最近の東日本大震災から明らかになりました。
この事故は、汚染された食料を輸出できなくなるなど、日本の経済面に大きな打撃を与えていくので、事前の防災の対策の重要性は強調しても強調しすぎることはありません。
現状として原発に大いに発電を頼っているのであれば、今後一切こうした事故が起こらないように防災の対策を尽くしほしいと願うのが市民の気持ちではないでしょうか。

防災の対策は個人でも、必要な知識を取り入れていくことですることができます。
その中で、正しい防災の対策の手順を理解しておけばあわてずに済みますし、デマに流されて行動することも避けられます。
スポンサーサイト

地域の防災の対策

防災の対策は地域によってさまざまな形をとり、それぞれの地域に合った対策がとられます。
これまでの対応を見ても、地域の組織が充実している地区では、緊急時に指導者の適当な指示があり、それに答えて住民が適切な防災の対策活動に取り組みます。
これらの防災の対策への取り組み方は地域によって違いがあるため、これを防災の対策の地域力と呼べます。
例えば、地域で防災の対策のための避難訓練を行うとなると、事前の告知を関係者全体に発しなければなりません。
またこの地域力は地域によって当然差があり、緊急時に防災の対策の差が現れます。
例えば、その地域のリーダーは防災の対策へ取り組む姿勢はどうか、といった質問があります。
この質問の答えを知っているかどうかで、その地域の防災の対策の取り組み方が行き届いているかどうかが分かります。
その地域ごとの防災の対策の取り組みの調査をする上で幾つかの質問を用意しています。

防災の対策における地域の防災力は内閣府も把握するところで、調査・推進をしています。
その地域に防災の対策への関心が高いリーダーがいれば、地域全体の取り組み方も良くなるというわけです。

地震の防災の対策

地震が大規模な場合、しばらくライフラインが止まる可能性があるので、3日分ほどは防災の対策グッズとして、非常用の食料や飲料水の確保をしておかなければなりません。
というのも、阪神淡路の大震災の時と比べて、国の地震防災の対策の質が向上していると前向きな意見が聞かれているからです。
それでも年々、国の地震防災の対策は向上しているので、非常時は出される指示によく注意を払うことで身を守りましょう。
防災の対策の認識には、大震災が発生した際には、どのような不便が生じるのかを理解することが関係します。
防災の対策に関する情報はウェブ上で知ることができるので、まずは見てみましょう。
東日本の大震災は日本国民のみならず、全世界で大きなニュースになり、同時に理想的な地震防災の対策についての活発な論議がなされています。
それは地震に対する家族の防災の対策の認識と準備にかかっていると言えます。
これら防災の対策のグッズは、緊急時に持ち出しやすいよう一まとまりで売られているので、防災の対策コーナーに行って選べます。
また、地震が発生した際に海岸や窓際、エレベーターの中にいる場合にとるべき行動を把握させておくことも防災の対策として欠かせません。

防災の対策グッズとして、保温シートや寝袋など、屋外で泊まることを想定した準備も必要になります。

東京都の防災の対策

防災の対策の概要を知っておけば、それなりに安心して生活を続けることができます。
日本で最も人口が密集している東京ではどのような防災の対策がとられているのでしょうか。
津波の有無や、土砂災害の警報などとても大事な情報を迅速に流さなければ、聞いている人も適切な防災の対策をとることができなくなります。
このように東京都は防災の対策の組織を綿密に作ることで、非常時への備えができています。
防災の対策センターにて災害の被害状況が把握されると、その情報が知事へと報告されます。
災害発生時の基本的な対応として、ラジオやテレビで被害状況を確認して必要な防災の対策をとるという流れがあります。
災害発生時には連絡網も断絶することがありますが、防災の対策の指示が各機関へ届くよう、専用の無線連絡装置が使われます。
まず災害が発生すると、都内の被害状況の把握のために防災の対策用に準備された衛星中継車やヘリコプターが出動します。
緊急時にはここから指示を出し、職員の緊急参集が防災の対策センターより発せられます。
防災の対策に興味があるなら、それらのウェブサイトを見てどのように組織されているのか見てみましょう。

防災の対策グッズの種類

大津波がすぐにやってきたので、その場で改めて防災の対策をたてて準備をする時間などありませんでした。
天災はいつ襲ってくるか分からないので、事前にできるだけの防災の対策をしておけば、それが生死を分けることだってあるでしょう。
ひどい災害の場合には3日ほど外部と寸断されるかもしれないので、自分と家族の防災の対策グッズをその分準備しておくことが必要になります。防災の対策を考えずに家を建てる人は今いませんが、それだけ災害と無縁の人は世の中にいません。

防災の対策グッズの具体的な中身ですが、基本的に野外でも生活ができるように、必要な物がそろえられます。
防災の対策グッズは事前に準備しておけば、そのような緊急時にもすぐに持ち出して逃げることができます。
他にも、過去の被災経験から必要と思われる防災の対策グッズが組み込まれているので、自分で買い集めるよりも実用的な場合が多いです。
だいたいはライフラインの復旧までに3日ほど辛抱すれば良いと言われていますが、途中経過を知るために、防災の対策用のラジオを準備しておけば情報を知ることができます。
このように防災の対策グッズの種類は、過去の震災の経験の上に成り立っています。
他にも実用的な防災の対策の情報をネット上で知ることができるので、まずは勉強してみると良いでしょう。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ネットとテレビで話題の耳より情報局 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。