FC2ブログ

初節句とは - ネットとテレビで話題の耳より情報局

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初節句とは

とりあえず、初節句の飾り物を購入する時は、双方の実家とよく相談して、それぞれの家庭にあったものを購入すればいいでしょう。
そして、初節句のお祝いをする時は、重ならないように配慮する必要があります。
両親と祖父母が一緒に祈ることに、初節句の意義があり、お祝いをする年中行事として欠かせないものです。

初節句をする場合、招待する人についてですが、身内でのお祝いになるので、音信のない親類は招待する必要はありません。
昔は初節句を節供とも言い、節目となる日に神様にお供えをして、無病息災を願うという意味がありました。

初節句では、男子の場合、鎧や兜などの飾り物を購入するのが、一般的で、それなりにお金がかかります。
日本における、お祝いの年中行事の1つで、初節句というのは、どこの家庭でも行われているものです。
生後まもなく初節句を迎えた場合で、誕生日が近い時は、1年間を見送って、翌年にお祝いをすることも許されています。
最近では、翌年に初節句を見送るというケースがむしろ増えていて、それが一般的になりつつあります。
最近では、初節句の飾り物は、両親が購入するというケースも増えつつあり、これは時代の流れと言えそうです。
スポンサーサイト

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ネットとテレビで話題の耳より情報局 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。