FC2ブログ

初節句のお祝いのお返し - ネットとテレビで話題の耳より情報局

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初節句のお祝いのお返し

原則として、初節句で招待した人のお返しは、お招きすることがお礼になるので、必要ないということです。
お返しの時期は初節句が終わってから、一週間以内というのがベストです。初節句のお祝いをしてもらう場合、気になるのがお返しですが、お招きすることが返礼になるので、気にする必要はありません。
この場合の初節句のお返しは、1週間以内に、赤ちゃんの名前で内祝いとして返礼するというのが基本です。
お祝いの席に招いた場合は、初節句の祝い膳を囲むことが、そのまま、お返しになります。

初節句のお祝いに招待された時は、柏餅やひなあられなどをお土産として手渡すと喜ばれます。
雛人形や兜などを買ってくれた祖父母や、お祝いをしてくれた親戚や友人などを初節句では招くことになります。
基本的に初節句にはお返しは必要ないのですが、遠方に住んでいて、お祝いに出席できない人には、やはり、お返しを贈るようにすべきです。
招待することそのものが初節句のお返しになると言う考え方で、これをすることで、特別にお返しを用意する必要はないことを意味しています。
桃の初節句の場合、ちらし寿司やハマグリのお吸い物で対応しますが、端午の節句では、決まった料理はありません。
スポンサーサイト

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ネットとテレビで話題の耳より情報局 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。