FC2ブログ

初節句をお祝いする時のマナー - ネットとテレビで話題の耳より情報局

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初節句をお祝いする時のマナー

鎧兜や五月人形は、赤ちゃんにとって災厄を除ける魔除けの意味もあることから、初節句でこれらを飾ることは1つのマナーです。

初節句での五月飾りの際、気を付けることは、一夜飾りは良くないということで、マナーとしてよく覚えておきましょう。
初節句で飾り物を飾る場合は、鎧兜や五月人形が届いたら、できるだけ早めに飾るのがマナーです。
とにかく、思い出に残る初節句のお祝いが大事で、そのためには、特に豪華な段飾りなどは必要ありません。初節句というのは、赤ちゃんの健やかな成長と厄除けを願う行事を指しますが、そこには厳然たるマナーが存在します。
武将のようにたくましい男の子に育って欲しいという願いをかけ、初節句では、陣羽織に赤が取り入れられています。
基本的な初節句のお祝いの際のマナーとしては、まず、鎧兜や五月人形を飾り、お祝い膳を用意することです。
初節句のお祝いの仕方はいくらでもあるので、マナーにとらわれず、それぞれがアイデアを工夫すればいいでしょう。
10~20日前には飾って初節句の用意をしていくのが基本的なマナーで、仏滅や赤口にお祝品が届いても気にしません。
日柄の良い大安や友引を選んで封を切ればいいわけで、特に端午の初節句では、厳しいマナーはありません。
スポンサーサイト

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ネットとテレビで話題の耳より情報局 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。