FC2ブログ

原子力の防災の対策 - ネットとテレビで話題の耳より情報局

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力の防災の対策

原子力発電に代わる新しいエネルギーの研究分野において日本も研究を進めていただけに、実用と普及が始まる前に原発の事故が起きたのは不運でもあります。
また日本が地震大国であることを考慮して、多少の地震でも問題なく稼働できる耐震性を備えています。
過去に災害が頻発していて、今後も災害に襲われる可能性が高い場所に原発を建設するわけにはいかないので、防災の対策の観点で安全な立地が選ばれます。
多くの食品が汚染されて食べられなくなれば、市民にも多大な影響が及ぶため、確かにこれは防災の対策を見直さなければならない課題だと言えます。
東日本大震災は当初、その地震の規模の大きさと津波がもたらした被害が注目され、地震防災の対策の新たな局面を開きました。防災の対策の大事な一環として、原子力発電所の安全確保が命題であることは、最近の東日本大震災から明らかになりました。
この事故は、汚染された食料を輸出できなくなるなど、日本の経済面に大きな打撃を与えていくので、事前の防災の対策の重要性は強調しても強調しすぎることはありません。
現状として原発に大いに発電を頼っているのであれば、今後一切こうした事故が起こらないように防災の対策を尽くしほしいと願うのが市民の気持ちではないでしょうか。

防災の対策は個人でも、必要な知識を取り入れていくことですることができます。
その中で、正しい防災の対策の手順を理解しておけばあわてずに済みますし、デマに流されて行動することも避けられます。
スポンサーサイト

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ネットとテレビで話題の耳より情報局 All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。